住宅が存在する間、窓の取替えは不可能です
 
欧米先進国の住宅関係者は恒久的な家造りで、最も大事な建材は「窓」「床材」「内装ドア」と答え、その中でも特に「窓」が重要だと考えています。その理由は、住宅が存在する間、取替えできない部位だからです。
100年前後の耐久性を誇る欧米先進国の住宅は、100年間取替えが出来ない窓には高い耐久性能を要求しています。
下記のグラフでも分かるように、先進国の中でアルミサッシ中心なのは日本だけで、他の先進国は木製か樹脂製か一般的なのが現実です。
 
 
 
耐久性とデザイン性が融合した窓
 
標準仕様の、木製トリプルウィンドウの優れた性能は、
|杷・気密・防露性能に優れた木製トリプルガラス窓。
 
断熱・気密性能と使い勝手に優れた「内倒し」「内開き」の2つの開閉方式を持つドレーキップ窓。
 
ガラス間に日除け機能を持つ「ブラインド内蔵」タイプ
 
て睇枠はデザイン性・断熱性・防露性能に優れた「木製枠」
 
コ杏枠は耐久性能に優れた「アルミ枠」
 
以上のように、スウェーデン製の木製トリプル窓は、数多くの優れた性能を備えています。
 
2つの開閉方式を持つ、ドレーキップ窓
 
ドレーキップの木製トリプル窓は、高い気密・断熱性能を有しますが、この他、使い勝手にも優れています。
 
A:内倒しの場合
   ,海両態で外出しても、多少の雨は降り込みませんので、外出しながら換気が可能です。
  ◆ヽ杏瑤らの進入は出来ないので、気候の良い日は、この状態で就寝することが出来ます。
 
B:内開きの場合
   。嘘はもちろん、2階の窓でも簡単に窓拭きが出来ます。
 
 
 
ブラインド内蔵だから、お掃除不要
 
厳しい気候風土のスウェーデンでは、窓にも高い断熱性能が要求され、窓はトリプルガラスが一般的です。又、内部木枠と外部アルミ枠の間にブラインドを内蔵し、ブラインドを庇代わりに利用することで、断熱性能は飛躍的にアップします。
又、ガラス間に充填されたブラインドは汚れることが無く、ブラインド掃除から開放されるため、奥様に人気の商品です
 
 
 
外部枠はアルミを使用しているため、定期的なメンテナンス塗装が不要
 
一般的な木製枠の窓は4〜5年毎に塗装を行う必要が生じますが、費用が高額となるためそのまま放置するケースが多く、気がついたら腐食が進み取り返しのつかない状態となります。
窓は建物が存在する間、最も取替えが出来ない建築部位ですから、高度の耐久性能が要求されます。
そのため、スウェーデンホームジャパンは「外部・アルミ枠」「内部・木枠」のスウェーデン製トリプルサッシが標準仕様です。
 
窓 外 部 窓 断 面 窓 内 部
 
外部が木製枠の場合の被害状況
 
下記被害は、外部が木製枠の場合の代表的な被害です。
被害1:外部木製枠とガラス面の隙間より室内側に雨水が浸入し、出窓下部よりの腐朽サッシは菌の発生状況です。
※当社の木製トリプルサッシは、外部はアルミ枠ですから、このような事例は発生しません。
 
 
被害1:外部木製枠による室内漏水   被害2:塗装の剥がれ