耐震性能-コンセプト【スウェーデンホームジャパン】

家づくりのコンセプト

スーパーバイザーからのアドバイス

 
Information2

耐震性能に優れた家造り
地震大国なのに、何故、耐震性能に劣る在来軸組み工法がが多いのか?

欧米先進国で一般的なツーバイフォー(枠組み壁工法)は、北米・ヨーロッパだけではなく、中近東・オーストラリア・ニュージーランド・日本と世界中で年間200万棟以上作られています。

それは、乾燥地帯・亜熱帯・寒冷地・高温多湿帯や台風・ハリケーン等、世界中の様々な気候風土に適している工法だからです。

日本は、世界の地震数の10%が発生する地震大国、しかし、日本で一般的な在来軸組み工法は、阪神・淡路大震災や新潟中越地震等で、甚大な被害を出しましたが、その原因の一つに壁内結露が指摘されました。 在来軸組み工法は、壁内に空気が進入しやすいため、水蒸気を含んだ空気が進入し、露点に達すると壁内結露が発生し、構造材が腐り、耐震性能が低下したからです。

反面、ツーバイフォーの住宅は阪神・淡路大震災における対象建物約9.000棟の建物の内、97%が無被害又は補修しなくても継続して住み続ける事が出来るという、高い耐震性能を実証しました。

構造詳細
壁内結露対策を見る

では何故、日本の在来軸組み工法は耐震性能に劣るのか、それは、日本は昔から夏向きの家造りを目指し、夏場をしのぐ、「風通しの良い家」を追求した結果、耐震性能に不向きな在来軸組み工法が主流となったからです。

ツーバイフォーは、寒い冬を暖炉一つで快適に過ごすことを目的に作られた工法で、それ故、気密性を重要視した結果、建物全体をパネル6面で囲う「モノコック構造」の、耐震性能に優れた工法となりました。

弊社は、そのツーバイフォー(枠組み壁工法)を、スウェーデン本国と同じように、工場内で4m前後の大型パネルにすることで、より耐震性能を高めることに努めています。

会社概要 資料請求 よくあるご質問